子供 脱毛

ヒオウギエキス

成分の名称  ヒオウギエキス 
この成分の一般的な用途  保湿性
毒性判定辞典での毒性 なし


化粧品成分の毒性判定について

当サイトの毒性判定は、「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定辞典」という単行本を参考にしています。

 

毒性は強い順に■■・■・▲・なしの4種類で、主に合成界面活性剤が一番毒性の強い■■、合成ポリマーなどがその次に毒性の強い■で表示されています。

 

「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定辞典」で調べたランキング結果は下記からどうぞ。

 

除毛クリームのおすすめランキング
抑毛ローションのおすすめランキング

 

●単行本「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定辞典」のご紹介●

 

内容(「BOOK」データベースより)
化粧品に使用されている成分名称をまとめて、その主な用途、毒性を示した事典です。
各成分に「皮膚に悪い」毒性の程度を示す点数をつけ、その点数の合計から、化粧品の質の程度を知ってもらうことができるようになっています。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小澤/王春
1938年東京生まれ。慶應義塾大学工学部修士課程卒業。美容科学評論家です。
化粧品に対する女性の正しい知識の向上を目指し、正しい美容科学の普及と基礎化粧品の開発に従事しました。

 

※データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。

関連ページ

エタノール
イソペンチルジオール
メチルパラベン
BG
フェノキシエタノール
ポリオキシエチレンセチルエーテル
PG
POEセトステアリルエーテル
パラオキシ安息香酸ブチル
カルボマー
水添レシチン
オレイン酸ソルビタン
カッコンエキス
モノオレイン酸ソルビタン
ステアロイル乳酸Na
ヒノキチオール
シクロペンタシロキサン
ミリストイルメチルタウリンNa
ラベンダー油
ヒドロキシエタンジホスホン酸液
パルミトイルメチルタウリンナトリウム
オレアノール酸
チオグリコール酸
プロピルパラベン
ダイズ種子エキス
ペンチレングリコール
シクロペンタシロキサン
エチドロン酸
ウンカリアトメントサエキス
ドクダミエキス
サボンソウ葉エキス
ペンタステアリン酸デカグリセリル
レモン果実エキス
パパイン
クズ根エキス
チャエキス
マツエキス
大豆エキス
アロエベラ葉エキス
ツボクサエキス
サクラ葉抽出液
セイヨウトチノキ種子エキス
プラセンタエキス
アルニカエキス
ユーカリ葉油
尿素
マルチトール
ステアリルアルコール
流動パラフィン
アルニカ花エキス
パイナップル果実エキス
グリセリン
PEG−60水添ヒマシ油
ホホバ油
オウゴンエキス
豆乳発酵液
グリコシルトレハロース
ブロメライン
精製水
アラントイン
ヨクイニンエキス
エナンチアクロランタ樹皮エキス
セタノール
ケイ酸Mg
オランダカラシエキス
マンダリンオレンジ果実エキス
キュウリ果実エキス
グルコン酸Na
カモミラエキス−1
お子さんのムダ毛に悩んでいる方はいませんか?
クロレラエキス
アルギン酸Na
センチフォリアバラ花水
スギナエキス
バラ花水
ベヘニルアルコール
ホップ花エキス
水酸化Na
カラギーナン
水酸化K
セラミド2
タルク
ザクロ果皮エキス
オレイルアルコール
セテアリルアルコール
イリス根エキス
お子さんのムダ毛に悩んでいる方はいませんか?
セイヨウアカマツ球果エキス
お子さんのムダ毛に悩んでいる方はいませんか?
テトラヒドロピペリン
ハトムギ種子エキス
ローズマリー油
パリエタリアエキス
セージ葉エキス
親油型モノステアリン酸グリセリル
濃グリセリン
ブッチャーブルーム根エキス
海藻エキス−1
マグワ根皮エキス
植物性スクワラン

TOP サロン脱毛 家庭用脱毛器 除毛クリーム 抑毛ローション 毛深いといじめられる?