子供 脱毛

どうしてもの時は電気シェーバーの出番です

電気シェーバーは肌に直接刃が当らない作りなので、カミソリに比べると敏感な子供のお肌にも優しいです。

 

カミソリは長期間使い続けることで色素沈着、毛穴の開き、肌荒れの原因になりますし、電気シェーバーはカミソリのように剃り方を間違えて「痛いっ!」なんて事もありません。

 

軽くシェーバーを肌にすべらせるだけで、いつでも簡単に好きな時に広範囲のムダ毛処理ができます。

 

防水仕様の製品ならお風呂でも使えます。肌に優しいので、敏感なVIOや顔にも使えます。

 

脱毛サロンに通い出すと、大体ムダ毛を予約日の2〜3日前に自分で剃ってから店舗で光を当てるのですが、その時もスタッフさんから電気シェーバーを使って剃ってくるようにお願いされますし、スタッフさんが剃り残しを処理してくれる時にも電気シェーバーが使われます。

 

コンパクトなのでポーチにいれて外出先でお子さんのムダ毛を処理してあげることも出来ます。

 

金額も安いものだったら1,000円台からありますし、手軽に始められます。

 

ただ、どうしてもデメリットはあります。

 

電気シェーバーは肌に直接刃が当らずにカミソリよりも浅く剃るので肌に優しいのですが、その反面残った毛がチクチクして目立ちます。

 

肌触りがツルツルにはなりません。

 

そして、肌表面の毛を剃っているだけなので、またすぐに生えてきてしまいます。

 

なので、個人差はありますが2〜3日に1回など頻繁に処理しないといけません。

 

カミソリよりも肌に優しい作りとはいえ、使用頻度が高いと皮膚の表面を少しずつ削ってしまい肌の水分が奪われて、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

また、家電製品なので定期的な手入れは必要です。

 

手入れをせずに使い続けると、雑菌が繁殖して肌トラブルの原因になります。

 

 

電気シェーバーのメリット

 

・カミソリよりも肌に優しく肌トラブルを起こしにくい

 

・カミソリのように肌を切って出血することがない

 

・好きな時に好きな箇所のムダ毛処理ができる

 

・コンパクトなので持ち歩きに便利

 

 

電気シェーバーのデメリット

 

・肌には優しいがすべての人に合うわけではない

 

・脱毛ではないのでムダ毛はなくならない

 

・深剃りしないので残った毛がチクチクする

 

・処理してもすぐにムダ毛が生えてくる

 

 ・本体の定期的な手入れと刃の交換が必要

 

 

 

 

 

●電気シェーバーの使い方●

 

 

1.製品によってせっけん剃りができる物と出来ない物があります

 

(せっけん剃りをしない場合)
準備として処理したい箇所の汗や水分は拭きとって、なるべく肌を清潔で乾燥した状態にします。
(せっけん剃りをする場合)
せっけんをよく泡だててムダ毛処理したい箇所に泡をつけます。

 

 

2.電気シェーバーを軽く当てて、ゆっくりと動かします。強く押さえたら刃が破損したり肌を傷つけたりしますので注意してください。

 

 

 


トップページ 毛深いといじめられる? どうしてもの時は電気シェーバー 子供は何歳から脱毛サロン可